TAKE&SONS, Wading Vest Light ver.
5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9 5e4cb4f44c4ae836ddca76d9

TAKE&SONS, Wading Vest Light ver.

¥42,900 税込

送料についてはこちら

  • Olive, Size 1

  • Olive, Size 3

Wading Vestはその名の通り浸水することを前提としたショートレングス仕様となります。 「ギア性」を活かしたストラップベストでアウターとも合わせやすい。 そのWading Vestのライトバージョン(Light ver.)の登場。 前作との違いはその名の通り「軽く」なったこと。これは搭載された装備の簡略化が大きなウエイトをしめています。ですので「昨年モデルより優れているか?」と問われれば「決してそんなことはありません」ということになるでしょう。また、外見の迫力もライトバージョンは和らいでいるのではないでしょうか。 「HD」という見地からは、前作の迫力のある佇まいに改めて価値を見出す次第です。それとは別のアプローチである本作は渓流は元より、キャンプシーンや街着としても使いやすくデザインされている。 ローテクの「60/40クロス」からハイテクの「GORE-TEX」に移行する間の、1970年代初頭に「65/35 Bayhead Cloth」はTHE NORTH FACEによって開発されました。 濡れるとコットンが膨張して、ポリエステルを圧縮することで生地の織り目を塞ぎ防水性と防風性を高めます。一方で、乾燥するとコットンが収縮し、生地の織り目から湿気を放出し通気度を高めるといったこの機能素材は、アウトドアに特化して開発されましたものです。 文字にするとこうなりますが、ここで言う「水」は「水滴」程度に思ってもらった方が良いかもしれません。ベイヘッドクロスはあくまでも歴史が産んだクラシックファブリックだということです。耐水性に関しては現代の合繊に敵いません。 こと「機能」に関しては、合繊に圧倒的な軍配が上がります。それにもかかわらず合繊を「100%」で使用しないのは、我々の着眼点が別にあるからです。経年変化によって味わいを増した洋服は実に美しいものです。それこそが我々が目指すものであり「Heavy Duty」といわれる洋服が持つ特権なのです。 前後に備えたゲームポケットの他、ユーティリティポケットなど多数の大型収納を備えています。Wading Vestなので着丈は短いですが、収納力に秀でだ才能があります。 フロントを止めるテープはアジャスト機構を備え、冬場の釣行などアウターに合わせて調整が可能になっております。 Wading Vest Light ver. 展開色 : オリーブ のみのお取り扱いとなります。 サイズ展開 : 1,3 身頃素材 : ポリエステル 65% 綿 35%(65/35 Bayhead Cloth) ポケット素材 : 綿 100%(Rip) 原産国: 日本 <サイズ> 1:着丈 44/バスト 112/+6cm 3:着丈 46/バスト 116/+6cm 160cm女性モデル着用:Olive Size1 172cm男性モデル着用:Olive SIze3