中囿義光, 平底丸お椀、ゴールド
5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b 5ebba31834ef014db63bde3b

中囿義光, 平底丸お椀、ゴールド

¥5,280 税込

送料についてはこちら

陶芸家:中囿義光氏による平底のお碗になります。。 リボン状に繋げられたドットの金彩がとてもチャーミングですね。 当たる光の具合によって表情を変えるのも金彩食器の魅力のひとつで小しょう。朝の光の中でのフルーツから夜のお惣菜にと1日を通して楽しんでいただける器です。 直系:およそ12.5cm、高さ:およそ6,2cm 中囿義光 / YOSHIMITSU NAKAZONO 1984年愛知県生まれ 岐阜県多治見市の「Studio MAVO」にアトリエを持つ。ドットやボーダーなどを金彩、銀彩で施しファッショナブルでユニークな作品を生み出している。 *金彩/銀彩 のお取り扱いの上での注意点 ・漂白剤の使用はお控えください。変色し元に戻らなくなります。 ・電子レンジの使用はできません。 ・食洗機の使用は、避けていただくことをおすすめします。 ・やわらかいスポンジを使って洗ってください。 *銀彩のお手入れ 黒ずみが出てきたらメラミンスポンジを使い表面を磨くと簡単にもとに戻ります。また、変色が進んだ場合は、重曹と水を混ぜペースト状にしたもので磨いていただくと黒ずみがとれて輝きが戻ります。 *金彩に色味の変化はありません。 お手入れは柔らかいスポンジで優しく洗ってください。 ​