SAMAYA, samaya2.0 with mesh / 2022年モデル
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

SAMAYA, samaya2.0 with mesh / 2022年モデル

¥165,000 税込

送料についてはこちら

  • Blue

2022年モデルの変更点 ・メッシュ取外し式を採用:夏季はメッシュを取付け、積雪期はメッシュを取外して軽量化可能 ・本製品はメッシュがすでに設置されている(取外し不可)タイプです。 <SAMAYA, samaya2.0 with mesh> 軽量性、快適性、機能性を全く妥協せず完璧なバランスの次世代シングルウォールテント 厳しいアルパインの環境においても、かつてないほど理想的で快適な居住性を確保し、携帯性に優れ、非常にコンパクトに収納出来ます。 ポールは信頼のDAC NFL。ペグは超軽量強化プラスチック製Made in Switzerlandのピラニアペグを使うこだわり。 機能性だけでなくデザインも重視したいこだわりが、実際の使用で体感できるテントになっています。 <詳細> - 超軽量素材の採用で1-2人用でありながら1.2kgを実現 - 本体生地が通気性も併せもち、空気の還流があるため結露防止に貢献。就寝時の行き苦しさもない - 広いエントランスで出入りが楽 - パートナーと2人揃って並んで前室でのクッキングが可能 - 高さは100cm、幅110㎝、長さ220㎝快適な快適な空間 - ベンチレーションは、天井及びエントランスと逆のサイドウォールに大きく設置 - 天井ベンチレーションは、ジッパーで十字に開口可能 - 天井部にメッシュ素材の荷物置き - テント内にサイドメッシュポケット - フルシームテープ - SAMAYAは商品のライフスパンをお客様の手元でも最大化できるよう修理キットを付けています <スペック> - Minimum weight: 1240 g(本体・ポール・ガイライン) - Packaged weight: 1280 g(本体・ポール・ガイライン・ペグ・スタッフザック) - サイズ: 高さ1000 mm x 幅2200 mm x 奥行き1100 mm - 収納サイズ: 4.4 L / 200 mm x 150 mm - フロア耐水圧: 20,000 mm - 本体耐水圧: 10,000 mm - 本体透湿性: 40,000 g/m2/24h <素材> - フロア: Dyneema® Composite Fabric 34 g/m² - 本体: 3-layer laminated fabric - Nanovent® membrane - 外付け天井ベンチレーションカバー: Dyneema® Composite Fabric 18 g/m² - エントランス: Aquaguard® YKK® zip, Dyneema® フラップ - フロアコーナー: Cordura® and Dyneema®補強素材 - ポール: DAC NFL 8.7mm x 3 - ガイライン: Dyneema® コア 外皮ポリエステル <付属品> - ガイライン(自在付き): ダイニーマコア・ナイロン x 5本(プリセット済み。ポール部から伸ばすライン8本、サイドベンチ用2本) - ペグ: SwissPiranha製プラスチックペグ(RT90(3g) x 4, RT120(6g)x 5) - 修理キット ポールリペアチューブ 外付けダイニーマ・ベンチレーションカバー用パーツ: バックルオスメス各1個、ラバーリング1個、リング用フック1個 ガイラインライン1本、リングパーツ1個、自在パーツ2個 修理用生地: テント本体生地15cm x 15cm 1枚、前室用生地15cm x 15cm1枚、ダイニーマ生地9cm x 9cm 2枚(生地は裏面をドライヤーで熱して貼ります) NANOVENT® Samayaが開発したNanovent®は外側は疎水性ナイロンと内側は親水性ナイロンにメンブレンをラミネートした3層構造次世代ファブリックです。 多孔質ポリウレタンメンブレンが室内の空気を循環させ快適な空間を作り出します。軽量・コンパクトなNanovent®は完璧な防水性と、最適な結露管理を可能にしシングルウォールテントに最適な素材と言えます。 DYNEEMA® FLOOR 通常のポリエチレンより極端に分子量を増した超高分子量ポリエチレン(UHMWPE)とMylar®を貼り合わせた構造。UHMWPEは、非常に軽量でありながら突出した耐衝撃性を実現し、耐摩耗性にも優れる。Mylar®を貼り合わせることで、高い摩耗性と防水性を合わせ持つ組み合わせとなる。 <注意点> - 泥汚れなどは濡れ布巾などで落とし、しっかり乾燥させてから保管してください - フロアで使用しているダイニーマは引っ張りや擦れには強い素材ですが、尖った枝や石などの突きには弱い素材です。テントを設営するときに地面の状態が悪ければ別売りのフットプリントを使用してください