new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/15

YOKA, YOKA CABIN基本セット(本体+ポール4本)

¥88,000 税込

送料についてはこちら

  • dark khaki

  • Ivory

*本体とポール4本のみのセットです。 グランドシートや蚊帳などのオプション商品は付属しませんので予めご了承ください。 素材:TC 収納時寸法 950x250x250mm 重さ:約12kg(サブポール他含む) 付属品:雨避け用横幕、サブポール、ロープ、収納バッグ まるで客室のような快適な空間であることから、「YOKA CABIN」と命名されたこちらのテント。 素材はTCを採用し、より焚き火と仲良くすることができます。 ソロ〜デュオのサイズとして人気を頂いているYOKA TIPIに対し、 こちらはデュオ〜ファミリーで使いやすいテントを目指しました。 色はYOKA TIPIと同じ「ダークカーキ」と、新たに「アイボリー」をご用意。素材はTCを採用し、より焚き火と仲良くできるテントになりました。 *ダークカーキは、日の下限によってグリーンにも茶色にも見えます。 <各色の特徴> ダークカーキは、室内は暗い感じになりますが、遮光性は高いです。 アイボリーは、室内が明るい感じですが、遮光性は低いです。 デザイン的な特徴として、まずは左右のバランスが違うアシンメトリーなスタイル。 そして、サブポールにより背面を立ち上げ、デッドスペースをなるべく無くす工夫。 これにより、垂直の壁が3方にでき、より「部屋感」の高い居住性になりました。 テントの真ん中にはもう1枚仕切り幕があり、寝室と前室を分けています。 (この仕切り幕はジッパーでついているので、取ってしまうことも可能です) 薪ストーブ用の煙突ポートも標準装備。前室側に設置できます。 薪ストーブを取り付けたまま、半分だけオープンにすることができます。 フルオープン、ハーフオープン、サイドオープン等、多彩な張り方ができます。 ポールとサブポールは本体に接続します。 オープン張りするときは、ジッパーが外れるようになっています。 ベンチレーターは天井部分に一列で入ります。 雨除けのための横幕も、左右分付属します。別パーツになっており、ジッパーで連結してもらう形になります。 YOKA CABINの長所と短所 ■長所 ・絶妙な広さ  ただ広いだけで、大半がデッドスペースになってしまっていては意味がありません。  垂直に近い壁で囲まれた270×220の寝室は、  近さと広さのバランスが取れた非常に気持の良い空間です。  フロアの上に寝るだけでしたら4人寝ていただだけると思いますが、  荷物などを置くことを考えると基本的には2人で快適に使える大きさだと  思っていただければと思います。 ・焚き火に強い  TC素材なので、ナイロンやポリエステルに比べ、火に強いです。  (溶けないだけで、焦げたりはしますので、気をつけていただくに越したことはありません) ・結露しにくい  TCには通気性がありますので、結露はほとんどしません。 ・乾燥が早い  大きいので乾燥が大変、と思われがちですが、布地に通気性があるため、  きっちり生地を伸ばして裏表干す、ということをしなくても乾きます。 ■短所 ・重い  本体が12キロ弱あります。また大きいので、取り回しがなかなか大変です。 ・雨に弱い  TC素材は撥水加工されていますが、雨に長時間降られると布に水は染み込みます。  また水が染み込んだ布地はとても重くなります。  「水が染み込んだ際に、コットン部分が膨らんでそれ以上水が入るのを防ぐ」  というのがTC素材の特徴ですが、  その際、幕の内側は濡れている状態になりますので、ご注意ください。  また、特に天井の部分に雨が溜まったままになると、雨漏りしてしまう可能性がありますので、  ご注意ください。 ・風に弱い  側面が垂直なため、本体は風を受けやすいです。  ロープを要所に配置しているので、強度的には問題ないのですが、  布地が風に煽られてうるさい場合もあると思います。    風が強いときは  ①フルクローズし、薪ストーブをしまう  ②ペグは全て打つ  ③補助用のロープをしっかりと貼る  等の工夫をお願いいたします。 <薪ストーブ使用時の注意点> *必ずお読みいただき、ご承諾いただける方のみご購入ください。 *テント内での火気の取り扱いは大変危険の伴う行為です。本商品はその安全性を保証するものではございません。 *本品に起因する事故、怪我、火傷、火災等に対する一切の責任は負いかねます。 ・テントに外的に力がかかる状態(積雪、強風、大雨等)において使用しないでください。 ・すべての固定箇所を確実にペグ止めし、事故につながる可能性が無いか、周囲の状況をよくチェックしてご使用下さい。 ・煙突とテント本体が触れていないかよくチェックしてください。 ・薪ストーブを使用する際は一酸化炭素検知器を必ず併用し、時々完全に換気して下さい。 ・炭を燃料にしないで下さい。 ・就寝前には完全に消火し、再燃焼の可能性がないかよく確かめて下さい。 ・防炎布は高い耐熱性がありますが、使用するにつれて変形、変色します。 ・防炎布はハサミでカットできますので、ご使用の煙突の太さに合わせて穴を広げてください。 ・万が一の事態に備えて市販の煙突保護カバーを取り付けて下さい。 ・煙突はぐらつきがないよう、しっかり固定して使用してください。 ・煙突径がφ10㎝以下のキャンプや携帯用の小型薪ストーブをお使い下さい。  家庭用の薪ストーブは使用しないでください。 ・火の粉は十分に対策を施しても出る可能性があります。テントに落ちると穴が開いたり、焦げたりします。  多少の傷みでも気になる方は、ご注意下さい。