new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

販売期間
2022/11/13 00:00 〜 2022/11/28 23:59

HAKU MOUNTAIN SUPPLY, GUNJO TRANSFORM BAG

¥24,200 税込

送料についてはこちら

※ 2023年4月下旬 〜 2023年5月上旬 発送予定

※受注生産 納期は4月末〜5月初頭になります。 「綿ナイロン インディゴテントクロス」 縦糸がインディゴ染めの綿、横糸がナイロンのフィラメント糸を使用した平織のテントクロス。 すべてコットンではタープとしての強度が不足、そして重量もコットンだけではそれなりに重くなる。 逆にすべてポリエステルやナイロンにするとインディゴ染めが出来ないし、どこにでもある。 そして難燃性も弱く、焚火の近くで使えない。 そのそれぞれのメリットデメリットを相殺するために、 「縦糸を綿、横糸をナイロン」を選んだ。 ​縦糸に綿を選んだのは「インディゴ染めが出来て、難燃性を高める為」そして何より合繊では出せない佇まいがある。 横糸にナイロンを選んだのは「ポリエステルよりも強度の強いナイロンで綿の脆弱性を補うため」 さらにナイロンの中でも「フィラメント糸」と呼ばれる継ぎ目の無い糸を使うことでかなり強度を高めることが出来た。 そして「デニム」ではなく「藍染の布」を目指すために 縦糸は糸の段階でインディゴ染め 横糸はナイロンの原材料から「黒色」のタイプを選び、染まっている糸で最後に「織る」事で、インディゴの色が深く鮮やかで ブルーの色が引き立ち 映える様に設計した。 そして職布は生産速度も遅く本来無地には使われない希少な織機「ジャガード織機」 しかもインディゴは一度織ると機械に色が付くので、インディゴが織れるジャガード織機は更に希少です。 緻密な設定とゆっくりとした速度で織ることでその生産を可能にしました。 ​熱すると鮮やかなブルーから紫のグラデーションに変色する「チタン」が インディゴとシンパシーを感じたのでこの名前を名付けた。 ※写真は1stサンプルの為、最終仕様とは異なります。

セール中のアイテム