new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

石川直樹, 「Manaslu(2022 edition)」

3,520円

送料についてはこちら

「マナスルは決して登りやすい山などではない。時に残酷な表情を見せる、繊細かつ孤高の峰だったのだ。」(本文より/日本語原文) 石川直樹は2012年以来、10年ぶりにマナスルに向かい、2022年9月28日に本当の頂上に立ちました。 マナスルは1956年に日本隊によって初登頂されて以来、多くの人に登られてきましたが、最高点である8163mまで行かずに登頂が認められてしまう時代が長く続きました。マナスルの頂上付近には、いくつもピークがあり、真の頂上の直前のピークは距離にして7〜8メートル手前、標高差わずか1メートルほど。その先は足元の雪が崩れやすく、多くの人がそこで引き返していたのです。 石川も、2012年にマナスルに“登頂”したものの、同地点で引き返していました。 2022年、石川はその先にある真の頂上に立つべくマナスルを再訪。雪崩によって負傷者が続出する大荒れの天候の合間を縫い、ついに最高点に到達しました。頬に凍傷を負うほどの強風に晒され、視力も低下するなか進んだ険しい道のりに、石川は「マナスルの印象が一変した」と語ります。 2014年にSLANTから出版された写真集「Manaslu」をベースに、2022年の二度目のマナスル遠征で撮影した新作4点を収録した写真集「Manaslu」2022edition。 Manaslu(2022 edition) 石川直樹 仕様:H280mm×W300mm 48ページ/ハードカバー ISBN:978-4-907487-13-3 デザイン:田中貴志 石川直樹/Naoki Ishikawa 1977年東京都渋谷区生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。辺境から都市まであらゆる場所を旅しながら、作品を発表し続けている。2011年『CORONA』(青土社)により土門拳賞。2020年『EVEREST』(CCCメディアハウス)、『まれびと』(小学館)により日本写真協会賞作家賞を受賞。

セール中のアイテム