new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

石川直樹, 「Qomolangma」

3,080円

送料についてはこちら

「2001年5月23日午前9時40分、頂上に立った。(中略)ヒマラヤの山々が眼下に見える。ここより高い場所はどこにもない。」(本書より/日本語原文) 世界最高峰エベレスト(標高8,848m)。チベットでは「チョモランマ」と呼ばれている。2001年、23歳の石川直樹は、チベット側からこの山に登頂。当時の世界最年少で、七大陸最高峰登頂を果たした。10年後にネパール側から再登頂することになるエベレスト、さらにローツェやマナスルといったヒマラヤの高峰へ向かう旅の出発点こそが、このチョモランマ遠征である。 2013年末から14年初頭にかけて再訪したチベットの街と人々の暮らしも収録し、写真家 石川直樹を惹きつけるきっかけとなった、はじまりとしてのチョモランマを紹介する。「Lhotse(ローツェ)」に続くヒマラヤ写真集シリーズ第二弾。 Qomolangma 石川直樹 仕様:H280mm×W300mm 48ページ/ハードカバー デザイン:田中貴志 石川直樹/Naoki Ishikawa 1977年生まれ。東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程修了。人類学、民俗学などの領域に関心を持ち、行為の経験としての移動、旅などをテーマに作品を発表し続けている。『NEWDIMENSION』(赤々舎)、『POLAR』(リトルモア)により、日本写真協会新人賞。『CORONA』(青土社)により土門拳賞を受賞した。著書に『いま生きているという冒険』(イーストプレス)、『全ての装備を知恵に置き換えること』(集英社)、開高健ノンフィクション賞を受賞した、『最後の冒険家』(集英社)ほか多数。

セール中のアイテム